打ち上げ花火の色と原材料の種類

花火の色を構成する金属の種類

花火の色は星に使われる金属の「炎色反応」によって変わります。それぞれの金属が燃える時に金属によって固有の光が出ます。それが花火の色になっています。

材料
深い赤色 ストロンチウム化合物
赤色 リチウム
橙色 カルシウム
黄色 ナトリウム
緑色 バリウム
青色
紫色 カリウム
銀(白)色 アルミニウム
金(錦)色 チタン

和火とは?

明治以降に海外から輸入された材料で作る「洋火」に対し、江戸時代までの花火を「和火」と呼びます。硝石(硝酸カリウム)、硫黄、木炭を混ぜ合わせて作った黒色火薬が主流で、色は渋めの赤色。線香花火の色が近いです。

カラフルな洋火が主流になった現在でも、和火にこだわって花火を作成している花火師さんもいらっしゃり、花火大会でも時折和火を見ることができます。

和火師 佐々木厳さんのサイト